いろんな絵画を楽しもう!

絵画にはリラックス効果があります。

絵を描くことは新しく始める趣味として最適です。
絵画は学生時代の図工や美術の授業で誰でも描い経験があります。
そのため、大人になってからも容易に始めることができます。
最近の社会人は癒しの効果がある趣味を好む傾向があります。
絵画は見ている時だけでなく描いている時もとてもリラックス効果があると言われています。
描き始めると、目の前の光景だけでなく、自分の心の中の情景も表れてくることが多いです。
つまり、心のデトックス効果があるのです。
よく言われるのは、絵画を描くにつれて、心が鎮まってくるということです。
そのため、日頃の仕事で疲れた心を癒すために、週末に絵を描くサラリーマンが増えています。
絵画と一口にいっても多くの種類があります。
水彩画や油絵、水墨画、日本画など、それぞれが長い歴史を持っています。
費用があまりかからないのは色鉛筆画です。
その名の通り、色鉛筆があれば始めることができます。
色鉛筆画は子供の頃に描いていた塗り絵の延長上にあるものです。
特別なスキルは必要ありませんが、本格的な絵画を描くには少し物足りないため、絵を描き始めたんばかりの入門者に選ばれることが多いです。
次の段階としては、水彩画が良いです。
学生時代に使っていた絵具を用いるので馴染みがありますし、味のある絵を描くことも可能です。

フェルメールの絵画

17世紀のオランダ美術を代表する画家にフェルメールがいます。
最初は物語画家でしたが、1656年に「取り持ちの女」を描いてから風俗画家になりました。
フェルメールの代表的な絵画は、「牛乳を注ぐ女」です。
光が左側から射し込み、女性が室内に立つという定番のテーマです。
しかし働いている女中を描いた作品は1点しかありません。
モデルはフェルメールの義母のところで働いていたメイドとされます。
また「真珠の首飾りの少女」は、1665年に描かれました。
ハーグのマウリッツハイス美術館に収蔵されています。
神秘的な雰囲気が魅力的で、「北のモナリザ」や「オランダのモナリザ」とも呼ばれます。
フェルメールの絵画には、「フェルメール・ブルー」という鮮やかな青色がよく使われています。
非常に貴重なラピスラズリを原料としたウルトラマリンブルーの絵の具を用いて、当時は金よりも高価だったので天空の破片とも言われました。
ラピスラズリはヨーロッパで使うには、アフガニスタンから仕入れる必要があり、通常の青い絵の具の百倍もの値段が付けられました。
よって他の画家は限定して使っていましたが、フェルメールだけはウルトラマリンブルーを絵画にふんだんに取り入れました。

recommend

キャンペーンの応募

https://xn--dck3aza8ap93a.com/

額縁

http://www.matueda.com/

春日部 歯医者

http://www.horiuchi-dc.com/

ジョンストンズのカシミア

http://item.rakuten.co.jp/aimsgallery/c/0000000242/

携帯 買取 大阪

http://www.top1mobile.com/

セブ 留学

http://www.ceburyugaku-master.com/

金券ショップ 品川

http://oimachi-k.net/

奈良で廃車をお考えなら

http://www.info-haisya110.com/pref/nara.html

Last update:2016/6/30

Copyright (C) 2015 Colorful Painting. All Rights Reserved.